私たちの思い

【丸の内相続プラザ開設にかける思い】

seita_img丸の内相続プラザ主宰
ランドマーク税理士法人
代表税理士・行政書士
清田 幸弘

相続問題は資産家だけの問題ではありません。

税制改正により、2015年から相続税は大幅な増税になります。

これまで相続税というと、
資産家にしか関係ないというイメージでしたが、
これからは、首都圏にお住いのサラリーマンの方や、
一般のご家庭にもその負担が重くのしかかることになります。

「丸の内相続プラザ」は、相続に関する悩みを
どこに相談すれば良いかわからない、誰に相談すればよいのか
わからないという方に対応すべく、
関東地区を中心に、どなたでも気軽にご活用いただける、
相続の相談窓口として開設いたしました。

おかげさまで、
相続問題でお困りの皆様方にご利用いただき、
毎日多くの相続相談をいただくようになりました。

ご相談は関東圏にとどまらず全国各地から寄せられます。
他県からお越しになる方の中には、
「地元では相談できるところがない」という方が多くいらっしゃいます。

ご相談者のことを思えば、
他県から交通費と時間をかけてお越しいただくよりも、
地元でより近場に相談窓口があった方が、負担なく相続問題の解決に寄与する
ものであると感じるようになりました。

それが丸の内相続プラザを全国展開させようと思い至ったきっかけです。

そのためには、相続相談における品質を均質化し、
どの窓口でも一定の相談対応が可能なしくみが必要となります。

そこで、丸の内相続プラザは今までに培った相続相談のノウハウや
相続問題を解決するための手法を標準化し、情報を共有をすることで
一定の品質基準を保った相続相談窓口の全国展開を目指しています。

全国の、想いを同じくする事務所と互いに力を合わせ、
各地に丸の内相続プラザの支店を開設したい。

相続問題でお悩みの方を一人でも多くお助けするべく、
専門家として尽力したい。

そのように願っている次第です。

丸の内相続プラザご相談バナー
サブコンテンツ

このページの先頭へ